月経過多 症状

スポンサードリンク

薬を使わないで月経過多の症状を和らげる方法

 

月経過多で悩まれている人の中に一定の割合で「薬は飲みたくない」という方がいらっしゃいます。

 

「薬を飲みたくない」とは、「ホルモン薬を飲みたくない」ということかと思えば、かなり歴史のある止血剤であるトラネキサム酸や漢方薬もいやだという人がいらっしゃいます。

 

ともかく、薬と名の付くものは体の中に入れたくない、それでいて過多月経を改善する方法はないのか?

 

そのような質問を受けたことがあります。

 

 

粘膜下子宮筋腫や子宮内膜ポリープが月経過多の原因であるならば、それらに対して外科的な治療も考えられますが?

 

とのこちらの説明には、麻酔薬や消毒薬、抗生剤を使わないでそれはできますか?と。

 

当然ながらそれは不可能とお伝えして、少なくとも産婦人科外来でできることはないですねと、治療をお断りしました。

 

 

 

産婦人科外来では無理ですが、しかし本当に「薬を使わないで過多月経を改善する」方法がないのかどうか考えてみましょう。

 

 

過多月経になる原因は大きく二つです。

 

1.子宮に器質的な疾患(子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮内膜症など)がある場合

 

2.ホルモンバランスが乱れて起こる機能性月経困難症

 

 

器質的な疾患がある場合には、少なくとも西洋医学や中医学の考えでは薬による治療を考えます。

 

しかし、中医学の考えである「その人の偏った体質を治す」ということに着目すれば、薬を飲まなくても体質を改善できる可能性があります。

 

それは食事と運動(生活習慣)の改善です。

 

 

漢方薬に関する記事のところで「気・血・水・精」について触れていますが、それが過不足なくバランスの良い状態である時には病気の諸症状は軽快するというのが漢方の考え方です。

 

規則正しい睡眠、毎日の適度な運動、正しい食生活(実はこれが曲者)を心がけることで徐々に徐々にバランスはいちばんよいところに納まります。

 

これにより、器質的な疾患がある場合の月経過多などの症状も改善していくことが期待できます。

 

(重度の貧血とか、毎晩熱が出るとか、腹痛が断続的にあるとか、あまりにも器質的疾患進行している場合にはもはや食事と生活習慣の改善では対応できないと思いますけど。)

 

 

で、このように食事と運動(生活習慣)を整えることは2番目の「ホルモンバランスが乱れて起こる機能性月経困難症」にはものすごく効果的です。

 

三か月ほど継続できれば改善してくると思われるし、それ以降もその生活スタイルと食事を継続する必要がありますけれども。

 

 

 

止血剤や低用量ピルを利用しながら、食事と生活習慣を改善していくことができたら、もっと手っ取り早いと医者としては思いますけどね。

 

月経過多 症状記事一覧

月経過多でレバーのような血の塊が出る理由

月経過多の人がしばしば憂鬱に感じるのが、経血が塊で出ることです。それもレバーのような塊でぼろりと出ることですね。生理の時の出血、あの中で本当の血液が占めている量は半分かそれ以下です。半分以上は、はがれた子宮内膜や、それが産生した粘液などで構成されます。そこに血液が混じるから全部赤くなって、出血である...

≫続きを読む

月経過多 長く続くのは過長月経です

月経過多というときには、一般的には出血量が多い状態を指します。多い日は一日に生理用品を48本使っちゃう、なんて人もいますよね、かなりの貧血来てるかと思いますけど。月経過多の人の場合、出血期間も延長するケースが多くなります。それまでは5日で終わっていた、5日目はほとんどなかった、という人が7日続く、7...

≫続きを読む

スポンサードリンク