月経過多 ピル

スポンサードリンク

月経過多の治療にピルを勧められたけど断りました・・・

 

産婦人科医の立場から、さらに産婦人科的な医学知識を持って考えると、月経過多の治療に低用量ピルの内服によって生理そのものを軽くしてしまうというのは極めて合理的な方法です。

 

かつての中用量ピルの時代とは異なり、副作用はものすごく弱くなりました。

 

第三世代の低用量ピルに至ってはほんとに効くか聞かないかのギリギリなんじゃないかと思うぐらい少ない容量のホルモン剤が含まれていることになっています。

 

自分の家族や恋人にも安心して処方できる薬になってきたと考えています。

 

 

でも、患者さんの立場からするとそうではないみたいですね。

 

月経過多をなんとかしたい、止血剤は効かなかったと受診された方でも、ピルを飲んでみませんかと聞くと顔をこわばらせて断る人がいます。

 

「ピルってホルモン剤でしょう、子宮がんや乳がんになるの、私、知ってます。」

 

そうおっしゃって断られます。

 

 

止血剤は効かない、ホルモンの入っている薬での治療はいやだとなると、月経過多の薬での治療はなかなか難しくなります。

 

実証の方の子宮筋腫の場合には漢方薬の一部が有効であることがあるのでそちらから試していただくことはありますが、虚証の方では月経過多に有効な漢方薬がうまく思いつきません。

 

(ここはもっと勉強が必要なのかもしれませんけど)

 

 

ピルは排卵を止める目的のお薬であり、それと同時に生理も軽くするお薬です。

 

誤解があるかもしれないので、ここでピルの作用メカニズムについて簡単に説明してみますね。

 

ピルは妊娠のメカニズムを真似することで排卵を止めて生理も軽くしています。

 

 

普通の月経周期では、月経の始まりと同時に、脳の下垂体というところからFSHというホルモンが出て、これが卵巣に働きかけて卵胞を大きくします。

 

卵胞は大きくなると同時にエストロゲンを作り始めて、これがある濃度に達したところで、下垂体からLHというホルモンが出ます。

 

これが排卵を促して、卵胞発育は止まって排卵が起こります。

 

そのあとはLHの作用で排卵後の卵胞が黄体という組織に変わり、これがプロゲステロンを出しますし、エストロゲンも出します。

 

この状態になると、今度は子宮内膜が発達します。

 

黄体には寿命があって、11日から14日で機能が落ちてきます、するとプロゲステロン+エストロゲンの作用が弱まって子宮内膜がはがれおちて生理になります。

 

 

ところが排卵の時に妊娠すると、黄体ができてから7日目あたりで受精卵が子宮内膜に着床します。

 

すると、そこからの作用で、黄体の機能が落ちないで維持されるのです(妊娠黄体といいます)。

 

これにより、プロゲステロン+エストロゲンの発現量が維持されます。

 

すると生理も来ませんし、次の排卵もありません。

 

(妊娠してるのに生理が来て流されたら赤ちゃん死んじゃいますし、もう受精卵があるから排卵するのは体力の無駄です。)

 

 

ピルは、プロゲステロンとエストロゲンの入ったお薬です。

 

これを飲んで二つの濃度を一定以上に保つことで、体が「あ、妊娠したから黄体が維持されてる。」と勘違いするのです。

 

これにより、排卵が止まります。

 

 

ただし、この状態で子宮内膜を長期間維持することはあまりよくありません。

 

ですから、休薬期間を設けることで、ホルモン量を下げて子宮内膜のはく離を促すのです。

 

(ピルを21日間しか飲まないのはそういう理由です、28日飲むようになっているピルは、7日間分はホルモンが入っていません、飲み忘れないためにセットされているだけです。)

 

 

休薬期間が終わってからから薬を飲み始めれば、ふたたびその影響により、卵胞発育が抑えられて、排卵もありません。

 

排卵がないと黄体ができないので、普通の生理周期の排卵後のような子宮内膜が活発に増える時期はありません。

 

妊娠したと勘違いした体が子宮内膜をそのまま維持するので、次の休薬の時にはがれる子宮内膜は、増殖していなかった内膜です。

 

したがって、生理量も少なくなります。

 

 

というわけで、ピルを飲むと排卵もないし、生理の量も減るわけです。

 

ただし、飲み始めて最初の周期は出血が全然減らないか、むしろ増えることもあります。

 

三周期目ぐらいからは安定してきますが、最初の周期でどの程度出血が減るかは個人差もありますし、過多月経の原因次第ですので、やってみないとわからないところがあります。

 

そこだけはご了承ください。

 

 

その詳しい理由については別記事で記載します。

 

⇒ 過多月経と低用量ピル

ホルモン剤による治療について記事一覧

ルナベルと月経過多

まず最初に、ルナベルという薬の名誉のためにお断りしておきます。ルナベルは月経困難症に対する処方薬として保険診療が認可された低用量ピルです。このために月経過多も含めて、月経に随伴するさまざまな症状に悩む患者さんの治療薬として数多く処方されています。全体数が多いだけに、何もなく快適にルナベルを服用してい...

≫続きを読む

低用量ピルと血栓症

血栓症という病気があります。血管の中で血液が塊を作ってしまい、それが血管をふさぐことでふさがれた部分から末梢への血液が流れなくなり、その部分が酸欠で組織が死んでいくというもの。この状態は末梢血管レベルでいえば、外傷などをきっかけに普通の人の体の中でもしばしば起こっていることだと考えられます。末梢血管...

≫続きを読む

生理不順の諸症状に効果的なヤーズ

月経困難症に対して保険適用となった経口避妊薬にルナベルとヤーズがあります。ルナベルにはホルモン量が非常に少ないものとしてルナベルULDというタイプも発売されました。これらはどう違うのでしょうか?ルナベルについてはほかのところで書きました。⇒ ルナベルと月経過多ここでは主にヤーズについて記載します(ル...

≫続きを読む

過多月経 ピルでひどくなった

以前にこういう感じの電話を患者さんからいただきました。「先生、生理が軽くなるといって低用量ピルを飲むように言われたでしょう、あたしはピルなんか飲みたくなかったけど、先生の言うことを信じて飲んだのに、飲んだらものすごくきつい生理になったんよ、嘘つき、どうしてくれるの、誤診やないの先生の?ちょっと旦那と...

≫続きを読む

スポンサードリンク